塾長紹介

松嶋啓介(馬鹿塾塾長、「Restaurant‐I」オーナーシェフ、フードプロデューサー




松嶋啓介 Keisuke Matsushim

1977年日本の西、九州という島・福岡で生まれる。

東京のエコール辻東京料理専門学校卒業。

当時、有名レストラン渋谷「ヴァンセーヌ」を経て20歳で渡仏。

フランス各地(Jardin des sens, Restaurant Michel saran,

Auberge de la clos des Cimesなどなど)で修業を重ねたのち

2002年の25歳の自身の誕生日にフランス・ニースにて、レストラン「Kei’s passion」をオープン。

 

南仏の素材を活かした斬新な料理が評判を呼び、開店から3年目の2006年、28歳の時、

本場フランスのミシュラン一つ星を獲得(外国人最年少)。

同年店名を「KEISUKE MATSUSHIMA」に改め、拡大オープン。

2012年、7年連続ミシュラン一つ星を連続獲得中。

 

2009年6月に東京・神宮前に東京での地産地消をテーマにした

「Restaurant-I」〈レストラン アイ〉オープンさせ、同店も2011年版東京ミシュランにて一つ星を獲得。

翌年も2年連続で星を獲得する。

 

また、フランス政府より日本人シェフとして初めて、

さらに最年少で「フランス芸術文化勲章」を授与される。

 

一方、日本酒文化を世界に発信した功績を認められ、

2010年10月、日本酒造組合中央会が認定する

「第5回酒サムライ」の称号を叙任した。

 

著書に『松嶋啓介の家でもおいしいフレンチ』(講談社)、

評伝に『情熱のシェフ-南仏・松嶋啓介の挑戦(神山典士著:講談社)がある。

 

 

Share on Facebook

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

トラックバックURL

-->

Copyright© 2011 Baka Juku All Rights Reserved.

お問い合わせ